スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君で僕の世界は変わる

眞鳥×明日叶

眞鳥さん相手だと明日叶が乙女になるのは公式で王子姫認定だからだと(ry
眞鳥さんが眞鳥さんじゃないのは最早うちのデフォ。
しかしこの内容どうなの…少女マンガか。


恥ずかしがり屋なその子は手を繋ぐだけで白い頬を染め上げる。伏目がちに落とされた視線をちらちらと時折こちらに送ってくる仕草はとても可愛らしくて、思わず口許が緩みそうになるのをどうにか堪えていつもの笑顔で押さえ込んだ。

少しだけ癖のある鷲色の髪を片手で撫でて、指に絡めて。
するとそんな些細な愛情表現にも弱いのか、その子はほんのりと頬を染めたまま淡くはにかむような微笑を浮かべた。

その愛らしい様子は普段同年の彼らに見せるような快活さとはまた少し異なり、ふわりとしていて、柔らかさを含んでいる。喩えるならそう、霞の花のように清楚で見る者には自然と愛しさを芽生えさせるだろう。でもそれはあくまで恋人である自分にしか向けられないとわかっているから、とても満たされる感が強い。その子ー明日叶は、自分がそんな心狭いことを思っているだなんて思ってもみないだろうけれど。

今まで何にも執着せず、ただ気の遠くなるような膨大な記憶だけを抱えて生きていた自分に初めて出来た、本当の生きる『目的』。それが一度は投げ出そうとしたこの命を拾い上げた明日叶だから、余計輪を掛けて独占欲が強くなる。自分は明日叶のもので、明日叶は自分のもので。互いが互いなくして生きられない。そんな関係がとても心地よい。そして何より、他の誰かーあの幼馴染とやらでさえも知らないだろう明日叶の柔らかくて甘い一面を自分だけが知っているのだと思えば優越と愛が怖いくらいに膨らんでいく。

眞鳥は、今度はそれを堪えることなく、恥ずかしがり屋の恋人を思うがまま腕いっぱいに抱き締めた。
途端、驚いたように上がる声も慌てふためいてもがく腕も構いやしない。

仄かに薫る、乳白の香り。
昨夜一緒に入った風呂の入浴剤の名残だろうか。とてもいい香りがする。
いつも以上にあたたかな身体。緊張したようにかちこちのくせに体温ばかりが上がって益々愛おしくて、楽しい。暫くすると腕のなかでは少しだけ熱い吐息が漏れたのが、胸の辺りでわかる。

「(・・・好きです)」

そんな、甘い透明な吐息が。

小さく笑みを零し答えるように眞鳥は唇を浚った。

「(俺もですよ)」



なんて、熱伝導のように触れた唇からその子に届くように。
プロフィール

小見

Author:小見
御米と書いておこめと読みます。
♀/1215生まれ/犬猫好き。
STEAL!の明日叶ちんに心を盗まれました。(@カリ○ストロ)明日叶ちんはグリフ全体の嫁。二年生トリオ(別名・明日叶サンド)と三年生ドSコンビも好き。キャラ単では慧と眞鳥さんとディオが贔屓目です。
ついったーさんを始めたので最近はもっぱらそっちで原稿と仕事の傍らくっちゃべってます。フォロー歓迎です^^

尚、当サイトではディオと慧のCPは絶対NGとなっておりますのでご注意ください。明日叶受け以外では理事長と眞鳥さん、眞鳥さんと桐生さん、興さんとヒロなんかが許容範囲内となっていますが、自発的には書きません。あくまで精神的な繋がり推奨です。
サイトの根底としては基本的にメンバー(+理事長)→明日叶です。総受け萌えなので。
こんなサイトですが宜しくお願いします。

カテゴリ
最新記事
メールフォーム
感想・御用の際は此方から。

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
エンドレスリピ!




このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。